真性M男が、五反田M性感でお姉さんに股間をニギニギ

風俗遊びは好きですが、会ってすぐに女性を責めるのは苦手です。そんな草食系の真性M男である私が選んだのが、五反田のとあるM性感のお店です。入店してみると、すぐ紹介できるという女性は、3人。その中から店員さんおススメのかすみさんを指名します。時間は、45分コースを選択しました。会計を済ませて、近くのラブホテルに移動です。

待つこと10分で、かすみさんが到着です。第一印象は、鼻筋の通った美人な方で、大人のお姉さんといった感じです。「はい、今晩は」と言った瞬間、いきなり股間をニギニギし始めたかすみさん。「うわっ」と、私が思わず声を上げると、「あら、かわいいじゃないの」とかすみさんは、あっという間に私の服を脱がし、シャワールームへ引っ張っていきました。

寸止めフェラ、アナルから前立腺を刺激

彼女は、弄るように私の身体を撫で回し、アソコをしごき始めました。耐えられず、「あはっ、はぅ」と情けない声を出すと、彼女は、そこでピタリと動きを止め、「まだダメよ、続きはベッドでね」と、バスタオルを手渡し、去って行きました

焦りまくった状態で、タオルを腰に巻き、ベッドで待っていると、コスチュームに着替えたかすみさんがやってきて、いきなりのディープキス。強く強く舌を吸ってきます。舌と爪先で乳首を弄ばれ、またまた情けない声を出し始める私。

次は、ねっとりフェラで、早くもイキそうになります。すると、かすみさんは、
「イッちゃう?」
「あ、はい」
「はい、ダメ―! さ、四つん這いになって」
フェラを寸止めして、命令です。訳も分からず、ただ従います。Mですから。すると、アナルに何やら、ぷすりと何かが入ってきました。それは、かすみさんの指です。彼女は、私の前立腺をピンポイントにグリグリと刺激します。
「はぅぅ、やっ、やばいです……」

激しい前立腺攻撃に悶絶! 責められっぱなしの45分間

私が悶えれば悶えるほど、かすみさんの前立腺攻撃は激しさを増すばかり。同時に、手コキと乳首舐めが加わり、3点波状攻撃に悶絶! 一気にフィニッシュ! 終始攻められっぱなし、次から次へと繰り出されるプロの性技に翻弄されっぱなしの45分間でした。

最後は、めまいがするほどに、フラフラになりながらシャワーを浴びました。

お相手してくれたかすみさんは、真性の痴女。初めてのM性感でしたが、想像以上に凝縮された濃い時間に大満足です。45分でフラフラなのですから、ロングプレイだと気絶してしまうのでは、とちょっと怖い気もしますが、チャレンジしてみたいです。